Plus Botanique BLOG

花と緑のスタイリスト 渡邉麻里子のブログ

植物の成長とともにコミュニティが深まる庭

植物の成長とともにコミュニティが深まる庭

私はジブリ作品やディズニー映画が好きで、ファンタジーも大好き。だんだんそんなことを口にするのが恥ずかしいお年頃ではあるが小さいころから何も変わらず胸がときめく。(ひかないでください。笑)私がお庭のリニューアルをさせていただいたコミュニティアパートがある。その外観はまさにムーミンの世界観のようで、一つ一つのパーツ(ドアや階段なんかも)ヴィンテージ感があっておしゃれな建物。そんな素敵な場所の中庭をリニューアルさせていただいたのは1年前のこと。オーナーさんは私の好きなようにやらせてくれた。私がやりたいのは建物に合わせて「四季の移ろいを感じるナチュラルなお庭」ファンタジー好きから言わせていただければ「フェアリーたちの集まる豊かなお庭」というところだ。ハート形の葉っぱカツラ。紅葉するとオレンジや真っ赤になって本当にかわいい。このカツラがなんだか甘いにおいがすることを知っているのは植木やの職人時代に、剪定しては切り口をかいでみるという匂いフェチだから知ったこと。笑

それからプンゲンストウヒ。良い形を見つけるのに苦労した。この建物から連想できたクリスマスツリー。しかもプンゲンストウヒのようなスモーキーブルーみたいな(こんな表現は合ってるのかわからないけど)モミの木。雪がかぶって幻想的な中庭を想像した。しんしんと降る雪の音も聞こえるようだった。

今回はそんなお庭のメンテナンス。手を入れないといつの間にか間延びしてしまって下草が蒸れたり、グランドカバーも成長して小路をふさいだりしてしまう。手を入れることは風を入れることだと思う。風通しをよくすれば虫の発生も防げるし、植物もそよそよと気持ちよくまたあたらしい芽を出すことができる。これからだんだん秋が深まると、赤く紅葉する植物たちでお庭の様子も変わってくる。そんな中庭でたくさんの笑顔が集まるだろうなぁ。

作業中~
メンテナンス前
メンテナンス後

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)